2007/12

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 dec. Italy

2007年 12月バイヤー日記 イタリア編

12月13日 木曜日
パリ・シャルル・ド・ゴール空港からイタリア・フィレンツェに向かいました。フィレンツェには午後4時に到着しました。とても天気が良くフランスの空とは青さが違います。そして空気が乾燥しているせいか寒さが肌にピリッと刺す感じです。空港からバスでフィレンツェ市街に向かいホテルにチェック・インして荷物を部屋に置き直に街に出ました。フィレンツェは市街の至る所に歴史的な建物や彫刻などの名所がありそれらを引き立たせる為のラインティングが既に施されているので、派手なイルミネーションの必要は無く、市街を網の目のように通っている小道の間に掛けられたクリスマス用の青や淡いオレンジの単色のネオンの輝で街が浮かびあがっている様です。簡単に言ってしまえば“ロンマンチック”なのです。いい年のオッサンが1人でいてもそう感じてしまうので、それはかなりなロマンチックなのです。

2007_12_italy_2.jpg 2007_12_italy_3.jpg 2007_12_italy_5.jpg

古着のバイヤーが少し場違いな場所と思われるかもしれませんが、前回のブログでもご紹介しましたが、フィレンツェはあらゆるジャンルの職人技術が伝統的に高く、そしてこの街の歴史が持つ芸術性がその職人技術(ハンド・メイド)と融合して現在でも様々な物がハンドメイドで作られているのです。ですからこの街で作れた物はとても魅力的なのです。何気なく入った小道で見つけた店を覗いてみるととても驚かさせられる事が良くあります。そのような発見は古着バイヤーとしてジャンルは違っても名前が無くても良い物は良いと判断出来る基準を教えてくれている様なのです。演奏中に狂った音の弦をチューニングする作業と似たものかもしれません。フィレンツェももちろん古着バイヤーとして古着の買い付けに来た訳ですが1年の古着の垢を落とすには良い場所です。

2007_12_italy_4.jpg 2007_12_italy_11.jpg

12月14日 金曜日
古着の倉庫に向かいました。ここの倉庫ではイタリア物を中心に商品を集める訳ですが、フィレンツェに来て意外に感じた事はイギリス物、特にバーバーリやベルスタッフ、バブワーなどのブランドがこちらの人(イタリア人)に支持されている事です。ベルスタッフは今ではイタリアの会社が買い取ってイタリアのブランドになっている事は皆さんも良くご存知の事だと思います。
前説が長くなりましたが、ここイタリアでバーバリーの良品を数点集める事が出来ました。バーバーリは古着の市場で見つかる物はサイズが大きい物が多く、最近では古着にも偽物が混じっているのです。ただそれらの偽物は商品を注意して見ていれば直に気づくので可愛いレベルです。もちろん偽物は買いません。
また今回もディア・スキンやヌバックなどを使用し柔らかい加工で仕上げたクラシック・フロント・ボタンタイプのブルゾンを集める事が出来ました。
またレディースでは人気の高いヴィンテージのホワイト・ドレスにハンド・メイドのレースが施されている物を集める事が出来ました。
そしてヴィンテージ・マテリアルを使ってハンド・メイドで作っているNOWARバックの新作も見る事が出来ました。今回はトートバッグです。未だ試作段階ですが年明けには完成するという事でした。

商品も予定通り集まりここの倉庫での買い付けも無事に終わりました。夜にはフィレンツェのサンタクルーチェ地区にある有名なトスカー・レストラン『GIOSTRA』でディナーをご馳走になりました。ここ『GIOSTRA』はトスカーナ地方で取れる旬な素材を生かし伝統的なスタイルで調理した物を出す事で有名なレストランです。フィレンツェを訪れた多くの著名人・セレヴ(レッチリ、U2のラリー、マラドーナ、ジョン・ドラボルタなどの有名セレヴが訪れた時の写真が数多く飾られています)がこの『GIOSTRA』を訪れている様です。そして男前な若いオーナー自身がフィレンツェ・メディチ家の松栄でフィレンツェではプリンスと呼ばれイタリア国内でも有名人、彼こそが本当のセレヴな訳です。以前にこのレストランに訪れた時、このプリンスがイタリアの人気女優とバカンスを楽しんでいた写真がイタリアのタブロイト系の新聞に取り上げられた直後だったらしく、この店に訪れる常連の客からその件で冷やかされていました。という訳で今夜は野生的なトスカー料理を堪能しました。デザートで食べた『アーモンド・ヴァニラ・アイスクリーム・チョコレートソース添え』がまた格別でした。程良く甘いヴァニラのテイストに細かく砕かれたアーモンドを散りばめられて作られた自家製のアイスをチョコレートソースで全体を覆っているのです。そのチョコレートソース一はアイスの冷たさで一瞬にして固まっているのですが、その固まったチョコレートソースを軽く砕いてアーモンド・ヴァニラ・アイスと一緒に口に入れると口の中でそれぞれの食感が交わり、それぞれの甘さに微妙な苦味が加わりそのバランスが見事!思わず『お代わり』と言いたかったぐらいです。デザート繋がりの話ですがイタリアでは『パネットーネ』パネットーネ種の酵母を用いてゆっくり発酵させたブリオッシュ生地の中に、レーズン、プラム、オレンジピールその他のドライフルーツを刻んだものを混ぜ込んで焼き上げた、甘く柔らかなドーム型の菓子パンを(Wikipedia参考)クリスマスに各家庭で食べる習慣があるらしいのですが、『GIOSTRA』でのディナーの後同じサンタクルーチェ地区にある人気カフェ『CIBREO』に寄り軽く食後のカフェ&お茶&酒をして、『CIBREO』で売られていた『パネットーネ』をお土産に頂ました。誠に有り難い事にその土地の習慣や文化を経験出来るのも古着バイヤーとして色々な場所に行けるからこそです。

2007_12_italy_6.jpg 2007_12_italy_7.jpg 2007_12_italy_8.jpg

12月15日 土曜日
プラダのアウトレットがある『モンバルキー』に向いました。前回もご紹介した通りこのアウトレットはプラダの工場の敷地にあります。今回はクリスマス直前のギフトシーズンの為人も多く商品の値段も高く、既に広い店内は多くの人に漁られている様で残念ながらこれといった物を見つける事が出来ませんでした。アウトレットでの買い物、クリスマス時期は外した方が良いかもしれません。モンバルキーからフィレンツェの市街に戻り骨董屋さんを何件か廻り、面白いカフスボタン、飾りボタンを見つける事が出来ました。フィレンツェの市街はクリスマス直前の土曜日という事もあってどこも凄い人です。とは言っても自分が泊まっているホテルはいつもより暇そうなのです。今日のこの人集りは近場から来ている人が殆どなのかもしれません。去年のクリスマスはフランスにいた為、ノルマンディーのホテルに滞在していたのですがホテルに宿泊するお客は本当に少なくホテルの従業員は暇そうで暇なのが嬉しいらしく愛想がやたらと良かった事を思い出しました。ヨーロッパではクリスマスは家族で過ごすのが当たり前、日本のように何処のホテルも予約で一杯という状況とは大違いです。

2007_12_italy_12.jpg 2007_12_italy_13.jpg

12月16日 日曜日
AM6時50発のパリ行きの飛行機でフランスを経由して日本に帰ります。早朝の飛行機に乗る為、ホテルでタクシーを呼んでもらいました。タクシーは直にやってきました。タクシーの運転手に『飛行の時間まであまり無い、空港まで30分で到着出来ますか』と尋ねると運転手は『30分?今ならここ(サンタノヴェラ駅周辺)から空港まで10分~15分で着くよ』と言うのです。10分?そんな訳ないだろうと思いながらタクシーに乗りました。未だ夜明け前の市街は物々しい昨夜とは打って変りとても静かで車も殆ど走っていません。そんな静かなフィレンツェの街をタクシーの窓から何気に眺めていると、去年12月26日朝、クリスマス直後の寂しすぎる程閑散としたパリの街にいた事を思い出しました。その風景は1年前の事なのですがもっとずっと前の思い出のように思える一方で1年という時の流れを振り返れば1年があまりにも早く過ぎていってしまったと感じるのです。そんな事に思いをふけている間にもタクシーはスイスイと市街を抜け、タクシーの運転手の言う通り本当に10分ちょっとで空港に着いてしまいました。お陰でパリ行きの飛行機にも予定通り乗れました。今はパリのシャルル・ド・ゴール空港のエアー・フランスのラウンジで日本行きの便を待っています。お陰様で今年の古着買い付けの旅も無事に終わり明日、日本に到着する予定です。日本に戻れば年末の慌しい雑事に追われる日々が待っているのですが、毎年この時期12月の買い付けが無事に終りこうして日本に帰る飛行機を待っている瞬間が古着バイヤーとって最も感慨深くこの仕事をしていられる事に感謝する瞬間です。

2007_12_italy_1.jpg 2007_12_italy_10.jpg

それでは皆様も楽しいクリスマスと良いお年をお迎え下さい。

2007_12_italy_9.jpg

感謝をこめて

PICK バイヤー 斎藤 次紀

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

pickonline

Author:pickonline

古着 PICK Onlineのバイヤーをやっています。

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。