2017/06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 dec. France

2007年12月 ~ 2007年最後の買い付け フランス&イタリア ~

フランス編

12月16日 日曜日
イタリア、フィレンツェからパリを経由して日本帰ります。今はパリのエアーフランス空港ラウンジで成田行きの便を待っています。今回の買い付けは12月6日フランスから始まりました。フランスでは雨ばかりの毎日でしたが幸いにもイタリアでは天候に恵まれました。しかし、ロシアからの寒波がユーラシア大陸の西を覆いここ1週間で急に寒くなってきたそうです。それでも雨よりは寒さの方がましです。今回が今年2007年最後のバイヤー日記になりますので、心してその様子をお伝えしたいと思います。

2007_12_1.jpg 2007_12_10.jpg 2007_12_6.jpg

12月10日 月曜日
フランスに来てから毎日雨です。土曜日パリに行った時は午後から激しい雨に見舞われました。今日も雨、明日も雨らしいです。とは言っても1日中雨が降るわけでは無く降ったり止んだり、時より激しい雨にもなります。一日の殆どは古着倉庫の中なので、幸いにも雨の被害を直接受ける訳ではないのですが、1日の仕事が終わって倉庫を出て雨が降っていると少し気持ちが沈みます。晴れていれば仕事の後に飲むビールも美味しく感じるのですが、それが残念です。今年最後の買い付けなので美味しいビールでも飲んで1年を振り返ってみたりしたいのですが・・・

2007_12_7.jpg 2007_12_8.jpg 2007_12_9.jpg

今年を振り返ると“これ”というアイテムが1年を通して見当たらず、フラストレーションが溜まるバイニングだった様な感じがします。
その中では、サイクリング・アイテムが最近の自転車(バイク)流行でようやく陽の目を見た感じがします。そしてモノ・マガジンでも取り扱って頂いた事には本当に感謝しています。ヨーロッパのレトロなサイクリング・ジャージは色目の使い方、配色、プリント方法、などヨーロッパの商業グラフィックアートが洋服に最初に生かされた成功例ではないかと思うのです。来年は街中にレトロ・サイクリング・ジャージを着たバイカーの皆様が更に増える事を祈って今回も面白いプリントの物を集めています。乞うご期待下さい。

そしてPICK中目黒がオープンしてから靴を沢山集めました。トラッドな革靴、オールドスニーカー、ブーツ、サンダル、最近ではエイグル人気で長靴も集めました。今までの古着バイヤー経験(10数年)の中で今年が最も靴を集めた年だったと思うのです。もしPICK中目黒店までご足労して頂ければ、そしてこのバイヤー日記の一節を思い出して頂けたなら、先ず見て頂きたいのがそれらの靴です。改めてご説明させて頂きますとWEBサイトでも勿論常に新しい商品を見て頂けますがPICK ONLINE商品とPICK中目黒の商品は違うのです。つまり中目黒店に実際ご足労いただかなければ見て頂けない商品が沢山あるのです。バイヤーの本質は集めた物を出来るだけ多くの人に見て貰い気に入って頂けたら更にその後のバイニングに精が出るものなのです。バイヤーとはそんな厚かましい人種なのです。

明日も再びノルマディーの倉庫で古着を集めます。日本に帰るまでには今年2007年最後のノルマンディーの青空を仰いでビールを飲みたいのですが、どうなる事か自然には勝てません。ただただ祈るだけです。

2007_12_2.jpg 2007_12_3.jpg 2007_12_4.jpg

12月12日 水曜日
願いが天に届いたようです。朝から青空で気持ちが良いです。今年最後のノルマンディーでの仕事が気持ちよく締められそうです。

2007_12_11.jpg 2007_12_5.jpg 2007_12_15.jpg

今日はLEVIS 501の山を最初に見ました。最近流行のスキニー・デニムや様々なブランドから出されるデニムパンツの人気もそろそろ落ち着き始め、逆に最もベーシックなスタイルのデニムパンツLEVIS 501が再び注目され始めています。ヨーロッパではここ数年リーバイスよりもディーゼル、G-STARといった新進のデニムブランドの人気が定着し、老舗ブランドのリーバイスの影が薄くなっていました。

話しは変りますがこのヨーロッパの老舗ブランドで言えばモンクレール、ベルスタッフ、などイタリア・メーカーが出資して新しいスタイルで打ち出し直すという傾向があります。最近ではアメリカのウール・リッチ、一昔前のアメリカン・アウトドアー・ワークウエアの老舗ブランドが、昔の雰囲気をベースに最新のスタイルに合わせ、イタリアでは生まれ変っているのです。この傾向は他のメーカーにも広がるのではないかと言われています。 老舗ブランドの復活、既に成功例があります。ヨーロッパ老舗デザイナー・ブランド。カジュアル・ラインを本格的に展開し、その中でそれぞれのブランドのシンボル・イメージを旨くアレンジ、所謂セルフ・カバー的な意味合いや 若いデザイナーを登用しそのデザイナーがそのブランドをリスペクト・カバーする様な方法でブランドの若返りに成功しました(ディオール、バーバリー。エミリオ・プッチなど新しいスタイルとの結合によってシーンのトップに君臨し続けています)。
そのカジュアルブランドの中で世界的な老舗ブランド、リーバイス。必ず何年かの周期で復活します。世界で最も不死身な洋服ブランドとも言えます。そのリーバイスの歴史も約1世紀に及ぶのですからこの先も更に何世紀まで現役で支持されるのでしょうか。しかしその歴史の源に思いを馳せればブルー・デニムの色落ちに尽きると思うのです。リーバイスのジーンズを手にした時、それぞれの人達がそれぞれの拘りのデニムの色落ちを探した経験があると思うのです。1世紀というと3世代に渡っているという事です。自分~父~祖父と、もしかしたら既に人類のDNAにそれぞれのジーンズの色落ちの拘りが組み込まれているかもしれません。そのDNAの殆どにはインディゴ・ブルー・ヒゲ落ちを良い色落ちと判断する価値観だと思うのです。
10代の方がこれを読んでいたら、お父さんに聞いてみて下さい。『昔履いていた501ある?』。なかったら是非PICKで選んでみて下さい。PICKでは人類に既に組み込まれているかもしれないこのデニム・DNAに純粋に反応する色落ちのLEVIS 501のみを集めています。というと大袈裟すぎますね。しかし501とデニムの色落ちの価値観はこれからも受け継がれると信じています。そして再び復活の気配を感じています。やはりどんなに技術が進歩し時代が移り変わってもデニムは自然の色落ちがやはり落ち着きます。自分のDNAに既に組み込まれているようです。

またここ数年モッズパーカーの人気が地味に続いています。モッズパーカーの代表格はアメリカ軍M65にM51(M65-フィッシュテイルパーカー・長めの丈にファ-付きフード・インナーがそれぞれ取り外し可能なモデル。M51はリアルファーがフードに付きインナーもフードも取り外せないタイプ、65の前進のモデル)ですが、フランス軍マイクロパーカー(ゴム引き)マッキントッシュパーカーとも呼ばれているこのパーカーの人気が高くなっています。確かにその仕様はコットンにゴム引きを要し、防水仕様になっていますので正にマッキントッシュと呼べる仕様です。
そしてその前進モデルフランス軍M64パーカーは正にヨーロッパのモッズ・パーカーと呼べる物です。オールコットンのボディは着込程に味が出てきます。今回ご紹介している仕様の物は初期に生産された1960年代中期の物から70年代の物が殆どですので、既に良い雰囲気になっています。街でピカピカのモッズ・パーカーらしき物を着た人を良く見ますが、どうも違和感を感じてしまうのです。パンクもモッズもロックもただスタイルだけを追った洋服になってしまうと薄っぺらに見えてしまうというか、嘘っぽく見えてしまうのです。それが格好良いかどうかはそれぞれの人の判断ですので自分がとやかく言う事は無いですが・・・
知って着るのと知らないで着るのとでは大きく違うと思うのです。僕ら古着のバイヤーは時代・文化の中のストーリーから噛み合った洋服を選び出すという事でもあると思うのです。・・・と少し堅い話になってしまいましたが要はPICK-ONLINEでも今期このフランス軍パーカーを紹介後直に完売してしまい、今回の買い付けで再度集める事が出来ましたのでお探しの方はお早めにお求め下さいとお知らせをしたかったのです。

という訳で今年のノルマンディーの倉庫での商品探しも慌しく終わり倉庫を出た時は既に清々しい夜空となっていました。最近の雨で綺麗に洗われたのかもしれません。空には一杯に星が輝き身が引き締まる寒さが心地良く感じました。仕事が引けた後はそのまま倉庫の社長たちと、そして丁度同じ街に買い付けに来ていた原宿アポロの社長も一緒にワインで乾杯しました。ビールではなかったのが少し残念でしたが、フランスですからね。

2007_12_13.jpg 2007_12_17.jpg 2007_12_18.jpg

明日はクリスマス直前のイタリア・フィレンツェに向かいます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pickonline.blog50.fc2.com/tb.php/35-3ffe0cb2

-

管理人の承認後に表示されます

«  | HOME |  »

プロフィール

pickonline

Author:pickonline

古着 PICK Onlineのバイヤーをやっています。

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。