2017/10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0312 Normandie,France

ノルマンディー/連日雨模様ですパリ行きの列車待ち

3月12日日曜日。今はフランス、ノルマンディーに来ています。フランスには先週3月6日月曜日に到着しました。

こちらは未だ冬の寒さが続き、連日摂氏4度~5度ぐらいです。倉庫に入って商品を探しているのですが、屋内にも関わらず倉庫の中の方が外よりも寒く感じます。ジーンズの下にサーマルパンツを履いてしっかり防寒しています。海外で体調を崩す事は最も恐いので、体調管理は日本にいる時以上に気を付けています。

今回の買い付けは夏物です。主にTシャツ関係になりますが、昨年に引き続きポロシャツが良いという事なので、ポロもラコステ中心に集める予定です。しかし正直なところ、先月の時点でラコステのポロは集まりづらくなっていましたので、今回は更に厳しくなると思います。

Levi's501は、今回もいい色落ちの物を沢山確保出来ました。アメリカの501ではヴィンテージでしか出ない、インディゴっぽい色落ちの物です。

フランスの古着リーバイス501/1枚目フランスの古着リーバイス501/2枚目

それに時期外れではありますが、今冬大人気だったモンクレールのダウンも1枚発見。

モンクレールのダウン/全体

モンクレールのダウン/タグ1モンクレールのダウン/タグ2

スニーカーではアディダスのスーパースケート!ご存知の人も多いと思うのですが、このモデルはカンガルー革を使っていてインナーにはカンガルーのキャラが印刷されているのです。

adidasスーパースケート/1枚目adidasスーパースケート/2枚目

昨日3月11日の土曜日はパリの蚤市に行ってきたのですが、あいにくの雨模様で今ひとつという感じでした。パリ在住のバイヤー、菊谷氏とも蚤市で会いました。菊谷氏はパリのアパレル事情に精通しているので、いつも良い情報を聞かせてもらっています。

氏はこの間まで開かれていたパリコレの幾つかのコレクションも見て来たという事で、今回のパリコレの印象を聞いてみたのですが、あまり面白く無く、目立った物がなかったという事でした。

その様な状況はパリのセレクトショップを廻ってみても感じます。セレクトショップのコレットでは、ラルフの無地のポロにショートパンツという組み合わせを3色(オレンジ・パステルグリーン・ピンク?)でディスプレイしていました。確かに最近のラルフは実際面白い物も出していますが・・・やはりお金の力でしょうか?現在のディオールが大復活した時の広告戦略を思い出しました。

それからパリの人気ショップ、レクレルールが東京の青山にお店を出したという事です。日本のバイヤーさんも参考にしているショップなので、興味のある方は一度行ってみて下さい。世界のアパレル事情が最も解り易い商品ラインナップになっていると思います。日本は日本で取り扱いブランドとの絡みがあるでしょうから、どこまでパリと同じ展開で置けるか解りませんが。

朝ご飯はバイキング形式です早朝ジョギング中

連日雨模様日曜日の早朝は静かです

明日からはまた倉庫に行って古着を探します。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント

初めまして。
今、大学に通っているマコトといいます。
古着のバイヤーになりたくてネットで調べていたところ、ここに行き着きました。
ブログを読んでいても、
様々な海外を渡り歩き、服を探し求めている所を見て、自分の理想の生き方に惚れ惚れしました。
古着バイヤーとなるにはどうしたらイイのか、
右も左も分からない状態なのですが、
たまにブログを読んで勇気をもらいに来ます!

コメントありがとうございます!

マコトさんはじめまして、コメント有難うございます。実はブログを先月始めたばかりで、今日までコメントを頂いていたことに気づきませんでした・・・すみません。
バイヤー本人からも改めてお返事させて頂きたいと思いますが、「古着のバイヤーは必ずこうしなきゃいけない」というルールなんてものはあって無いようなもの(と思います・・)ですので、今からでも十分経験を積むことはできます。
身一つで海外に行き、スリフトショップやフリーマーケットで買ってきた物をハンドキャリーで国内に持ち込み、日本のフリマやネットオークションなどで販売する、というのも立派なバイヤーだと思います。実際、弊社のバイヤーもスタートはこのような感じでした。
古着屋さんで接客のアルバイトから始めてみる、というのも、とても良い経験になると思います。
古着屋で働いている自分としては、マコトさんのようにこの業界に興味をお持ちの方がいらっしゃるということを大変嬉しく思います。是非いろいろな経験を積んで、立派なバイヤーを目指して下さい!
これからも「古着バイヤー日記」をよろしくお願いいたします。

マコトさんコメント有難うございます。
PICKでバイニングを担当している斎藤です。
今は大学生という事ですよね。許されるなら出来る限り海外を旅して下さい。出来れば1人がいいです。僕もそうでした。僕の考えではプロの古着のバイヤーとして最も重要となる事は“コミュニケーション能力”です。特に現地とのディーラーや現地で自分で掴む情報が僕らの仕事で最も重要な事なのです。洋服の知識やウンチクは雑誌やWEBでいくらでも獲得する事が出来ます。
またもう一つこの仕事で大切な事は“時代感”を感じる事だと思います。バイヤーとして洋服を見る時、自分がその服を好きかどうかという事で判断する事もありますが、大抵は時代的に合っているかどうかという事で判断します。決して自分中心で商品を判断しなという事です。そういう意味でも人とのコミュニケーションが大切になると思います。但し、職業では無く趣味であれば、だだ好きな物一直線で自分の世界を確立すれば良いと思います。僕の意見はあくまでも職業として古着のバイヤーをやっている人間の意見として聞いて下さい。
最後になりますが、やはり体力は必要になります。決してマッチョになる必要はないですが何かスポーツとか好きであれば是非続けて下さい。たとえどんな職業に付いても生かされるものだと思います。僕の場合はそうです。
それでは。  古着バイヤーより

はじめまして。
同業者のものです。私もバイヤーをやらせてもらっています。体力が必要っていうのに激しく同意ですw

アメリカには何度か行っていますが、フランス、ベルギー、オランダとかヨーロッパにも行ってみたいですね。
ちなみに、私のところは、すべてベールで購入しております。って言ったら、だいたいどの会社かわかるとおもいますww

わたしもバイヤー日記とか書いたらかっこいいんですけど、ぜんぜんおちゃらけたブログを書いて楽しんでますよwwよかったら覗いてくださいね。

また来ます。

tomさんへ

遅くなりましてすみません!気がついたら一ヶ月近くも経ってしまいました・・・お許し下さい。
コメントどうも有難うございます!
ブログ拝見しました。面白い写真が沢山ありますね。これはどこから見つけてくるのですか?すごいなあ。
アメリカ中心に行ってらっしゃるのですね。当社のバイヤーからアメリカは最近いい商品が集まりづらくて厳しいと聞くのですが、tomさんの方はいかがですか。差し支えなかったらお聞かせ下さい。

それではまたのご来訪をお待ちしています!

コメント

はじめまして!
私は来年留学するために専門学校に通ってるゴダイというものです。
バイヤーで大切な語学は英語のほかの語学も勉強した方がいいのでしょうか?
僕も斉藤さんみたいに海外を回りながら服を探してみたいです。
よろしくお願いします。
あと古着のバイヤーになるにはどうしたらいいのでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pickonline.blog50.fc2.com/tb.php/9-bca0370e

«  | HOME |  »

プロフィール

pickonline

Author:pickonline

古着 PICK Onlineのバイヤーをやっています。

 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。